もっとすっきり生酵素で使われている原材料は?

もっとすっきり生酵素には、どのような原材料が使われているのでしょうか?

パッケージの裏側に書かれている一覧をまとめました。

植物発酵エキス末(デキストリン、植物発酵物)、ケール末、ブラックジンジャー抽出末(ブラックジンジャー抽出末、デキストリン、シクロデキストリン)、オリーブ油、アマニ油、エゴマ油、グレープシードオイル、アーモンド油、アボカド油、マカダミア油、有胞子性乳酸菌(乳糖、有胞子性乳酸菌)、乳酸菌(乳酸菌末、デキストリン)、植物混合末(モリンガ、マカ、アマランサス、キヌア、クコ、チアシード、バオバブ、麻の実)、ギムネマシルベスタ末、難消化性デキストリン、カムカム果汁粉末(カムカム果汁末、デキストリン)、サラシアレティキュラータエキス末(サラシアレティキュラータエキス末、デキストリン)/ゼラチン、グリセリン、安定剤(ペクチン)、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、植物レシチン(大豆由来)

もっとすっきり生酵素で使われている原材料のポイントを纏めました。

厳選食材をじっくりと熟成発酵

もっとすっきり生酵素では、厳選された国内産野菜や果物を、じっくりと時間をかけて濃縮させた生酵素を配合しています。

カプセルも天然食品原料100%で、胃では溶けない特許製法を採用しており、酵素などの成分が生きた状態で腸までたどりつきます。

青汁では飲みづらいケールを配合

青汁の苦味の原因となっているのが、ケールです。

この苦味が嫌われるため、ケールを使った青汁は減っており、現在では大麦若葉や明日葉などが使われることが多いですが、栄養分はケールのほうが多いです。

もっとすっきり生酵素は、カプセルにケールを閉じ込めることで、独特の苦味を感じることなく、ケールの栄養分を補給することが出来ます。

スーパーフードも豊富に配合

もっとすっきり生酵素は、栄養素と配合量のバランスが取れたスーパーフードも豊富に配合しています。

  • モリンガ
  • マカ
  • アマラサンス
  • キヌア
  • クコの実
  • チアシード
  • バオバブの実
  • 麻の実
  • カムカム

良質なオイルを手軽に摂取できる

もっとすっきり生酵素では、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸が含まれた「体に悪いオイル」ではなく、身体に良い不飽和脂肪酸が配合されたオイルを配合しています。

  • アマニオイル
  • エゴマオイル
  • オリーブオイル
  • グレープシードオイル
  • アーモンドオイル
  • アボカドオイル
  • マカダミアオイル

2種類の乳酸菌を1000億個配合

もっとすっきり生酵素では、ラクリス乳酸菌とフェカリス乳酸菌の2種類を1粒あたり500億個も配合しています。

1日の目安となる2粒を摂取すると、1000億個も体内に取り込めます。
カプセルは胃では溶けない特許製法を採用しているため、乳酸菌も生きた状態で腸までたどりつきます。

糖質の吸収を抑制するギムネマ/サラシアを配合

もっとすっきり生酵素には、ギムネマとサラシアも配合しています。

ギムネマやサラシアはトクホや機能性表示食品などでも採用されている成分です。
糖の吸収を穏やかにするはたらきがあることが知られています。

>>もっとすっきり生酵素の詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする