もっとすっきり生酵素は妊娠中に飲んでも問題ない?授乳中はどう?

妊娠中には極端なダイエットは体に良くないどころか、お腹の中の赤ちゃんにも悪い影響が出るから危険という話はよく聞きます。

その一方で、妊娠中に肥満が進んで妊娠糖尿病を発症するといったリスクも有ることから、体重や体脂肪率が必要以上に増えてきたのにも関わらず、ダイエットは危険だからといって何もしないというのも問題です。

しかし、筋トレで体を鍛えたり、ジョギングや水泳などでカロリー消費を促すというのは妊婦には難しいですし、食事制限をするに当たっては栄養補給に気をつけて取り組まないと、赤ちゃんの発育に悪影響が出かねません。

あなたも妊娠中の体重管理は難しいと感じているかもしれませんね。

そこで、もっとすっきり生酵素を飲んで、妊娠中の無理をしないダイエットに役立てたいと思っているのではないでしょうか。

基本的には、もっとすっきり生酵素は妊娠中・授乳中の時期に飲んでも全く問題ありません。

女性ホルモンに影響を与える大豆イソフラボンなどの成分も含まれていませんし、乳酸菌や酵素などのはたらきによって腸内環境の改善にもつながります。

もっとすっきり生酵素を飲む際の注意点

もっとすっきり生酵素を妊娠中に飲む際には、いくつかの注意点があります。

無理なダイエットをしない

置き換えダイエットやファスティング(断食)などは、医師からの指示がない限りは、妊娠中に行ってはいけません。

妊娠糖尿病になると、強制的に入院しないといけない場合も多いですが、自宅でカロリー制限などを行うのが難しいのと、カロリーを摂取せずに点滴などで栄養補給を行わないと、お腹の中の赤ちゃんが栄養失調になるおそれが高まるからです。

あくまでも普段どおりに食事をしたり、動ける範囲で体を動かしながら、もっとすっきり生酵素を飲むようにするといいでしょう。

下痢が起こるようであれば飲むのをやめる

妊娠中は便秘になりやすいですよね。

もっとすっきり生酵素を飲んでカイチョーになるのはいいとしても、お腹の調子が悪くなり、下痢気味の状態が続くというのはよくありません。

ホルモンバランスが崩れることで下痢が起こる場合もありますが、嘔吐まで起こると脱水症状になりかねないからです。

下痢が原因で流産する危険があるといった指摘もありますが、産婦人科医の竹内正人先生によると、

下痢が原因で流産になってしまうことはまず考えられません。

とのことなので、体調が回復することだけを考えておけば十分でしょう。

妊娠すると腸の運動がにぶくなって便秘になる人が多いのですが、中には下痢になってしまう人もいます。つわりと重なると体力にも負担がかかり、つらいもの。下痢の対処法や、下痢を悪化させない方法を紹介します。「たまひよ」では、妊娠から出産、育児までの情報を解説し、安心して妊娠や出産、育児ができるようにママやパパをサポートします。

>>もっとすっきり生酵素の詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする