もっとすっきり生酵素はダイエットに役立つ?活用法があれば知りたい!

もっとすっきり生酵素で「手軽なダイエット」などといっても、本当にダイエットができるのでしょうか?

他社の商品となりますが、「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」が根拠もなく「痩せる」として、宣伝・販売を行っていたとして、消費者庁から1億886万円の課徴金を課せられたというニュースが有りました。


引用元:株式会社シエルに対する景品表示法に基づく措置命令及び課徴金納付命令について(消費者庁)

もっとすっきり生酵素も、本当は根拠なくダイエットができるなどと書いているのではないかと思うのも当然かも知れません。

もちろん、もっとすっきり生酵素は、飲んだだけで痩せるなどと言ったデタラメなことは一言も書いていません。

以下の幾つかのポイントと組み合わせて、適度な食事と定期的な運動を併用することでダイエットサポートが行えるとしています。

  • 年齢とともに減少する体内酵素をサポートする食物酵素を、サプリで効率よく補給し、新陳代謝を促す代謝酵素の量を増やす
  • 2種類の乳酸菌を摂取することで腸内環境をサポートする
  • 9種類のスーパーフードで各種栄養素を(食事制限中でも)バランスよく補給できる
  • 必須脂肪酸であるオメガ脂肪酸(オメガ3脂肪酸、オメガ9脂肪酸)を摂取できる
  • 糖質の吸収を穏やかにするギムネマとサラシアを配合

こんな役に立つのかどうかもわからないサプリなんか飲まないで、運動して食事制限を減らせば痩せられる」などと、なぜか上から目線でコメントする人がいますが、人間の体の仕組みを知っていれば、どこが間違っているかは簡単にわかるのではないでしょうか?

餓死寸前になったり、がん細胞を体内で飼っていれば、簡単に痩せられるなどといったピントの外れた意見もありますが、「健康的に痩せる」のと「生死の境目をさまよう」とを同じように考える暴論ともいえるでしょう。

摂取カロリーを減らしすぎると、人間本能のホメオスタシスのはたらきによって消費カロリーも極端に減るだけでなく、無駄な脂肪よりも先に筋肉に蓄えられているタンパク質から分解されるため、基礎代謝が大幅に低下します。

基礎代謝が極端に低下している状態で運動をしても、ほとんど意味がありませんし、筋肉や関節などの働きが低下していることから、怪我や故障をしやすくなります。

そこで、食事制限中も基礎代謝以上のカロリーを摂取した上で、食事制限で食料から摂取できなかった栄養分や酵素を「もっとすっきり生酵素」で補給することにより、ダイエットがしやすくなります。

もっとすっきり生酵素で副作用になるおそれは?ガスが出る心配は?

もっとすっきり生酵素を飲んだことが原因で、副作用に苦しめられる可能性はあるのでしょうか?

まったく何の役にも立たない答えの代表例が、

サプリに「副作用」という概念はありません。
主作用=薬効がある薬剤が、主作用以外の作用が出たものを副作用と言います。薬以外では副作用は存在しないのです。
なぜならサプリとは不足する栄養素を効率良く摂取する目的で食べる食品であり、薬剤ではないのです。
引用元:Yahoo!知恵袋

といった内容です。

「副作用」という言葉の定義を杓子定規にとらえて、副作用はないから安全などと、強引に結論付ける人がチラホラと見かけます。

しかし、実際には、薬ではないはずのサプリを飲んで健康被害が起こるケースは数多くありますし、サプリを飲んで健康被害が起こるかどうかを確認するために「副作用」という言葉を使って質問する人が多いことから、適当にはぐらかしてごまかすというのは、誠意のある対応とは思えません。

販売元では「副作用とみられるような報告はない」と回答していますが、これは販売停止になるレベルでの話ですから、一時的な体調不良などは含まれません。

そこで、口コミなどで健康被害と思われるものを調べたところ、以下のような健康被害が見られることがわかりました。

  • 下痢
  • 軟便
  • 腹痛
  • 吐き気
  • かゆみ
  • じんましん
  • はれ
  • 赤み
  • 湿疹
  • 喉の痛み
  • 息苦しさ
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • せき

もちろん、腸内環境の変化に伴ってガス(おなら)が出ることもあるでしょう。
人前でおならを出すのは失礼ですし、ガスが出ないように我慢していると体の調子も悪くなってきますよね。

これらの症状は好転反応だから問題ないと言う人もいますが、必ずしも正しくありません。

アレルギー症状などが原因の場合には、好転反応ではないため、もっとすっきり生酵素を飲み続けている間は体調不良が続くことが一般的です。
健康被害を解決するためには、もっとすっきり生酵素を飲まないことしかないのです。

今のところ、もっとすっきり生酵素を飲んだことが原因で、アナフィラキシーやアナフィラキシーショックが起こったという報告はありません。

しかし、もっとすっきり生酵素には、食物アレルギーの原因となりやすい「食物アレルギー特定原材料等27品目」が数多く使われています。
以下の食材に対する食物アレルギーがある人は、もっとすっきり生酵素を飲まないほうが良いでしょう。

  • 小麦
  • ゼラチン
  • 大豆
  • オレンジ
  • リンゴ
  • バナナ
  • キウイフルーツ
  • ゴマ
  • カシューナッツ

もっとすっきり生酵素と飲み合わせの悪い薬や食べ物、サプリは?

もっとすっきり生酵素には、生酵素だけでなく、スーパーフードや乳酸菌、身体に良い油などが配合されています。

もっとすっきり生酵素だけを飲むのであれば、まったく気にする必要はありませんが、その他のサプリメントや薬などを飲んでいると、飲み合わせが気になるのではないでしょうか。

もっとすっきり生酵素の「よくある質問」などをチェックしても、「基本的には問題ありません。気になるようであれば、医師や薬剤師に相談するか、個別にお問い合わせください。」と書いてあるだけで参考になりません。

慢性疾患などで医師から処方された薬を飲み続けている場合であれば、医師や薬剤師に確認したほうが良いでしょう。

しかし、たまに市販薬を飲む程度だったり、サプリを何種類か飲んでいる状況だと、聞く相手もいなければ、質問するタイミングもありません。

Yahoo!知恵袋などで質問しても「サプリ自体が金の無駄で何の役にもたたないから飲んではいけない」などといった、ピントの外れた答えしか返ってこなかったり、「購入元に問い合わせるのがベスト」といった具合に、役に立たない回答ばかりで、こちらも参考になりません。

ざっくりとでもいいので、飲み合わせの悪い薬やサプリを知りたいという希望が全く叶えられないのはストレスが溜まるものです。

そこで、もっとすっきり生酵素と相性の悪い薬やサプリなどをまとめました。
参考にしてください。

インスリン注射や飲み薬

もっとすっきり生酵素に含まれるギムネマやサラシアは糖質の吸収を抑制する作用がありますし、生酵素にも同様の働きがあります。

インスリン注射や飲み薬は血糖値を下げるために使うわけですから、もっとすっきり生酵素と併用することで効き目が強くなりすぎて、低血糖症が起こる可能性があります。

インスリンだけでも血糖値コントロールが難しいことから、更にサプリなどで複雑にしてしまうと、体調が更に悪化しかねません。

抑制系ダイエットサプリや健康食品

ギムネマやサラシアなどが配合された、糖質の吸収を穏やかにする作用があるサプリやトクホ、機能性表示食品などと併用すると、こちらも血糖値が下がりすぎる可能性が出てきます。

インスリンほどの極端な副作用は出ないとは思いますが、過剰摂取になるおそれがあることから、どちらかの摂取を控えたほうがいいでしょう。

栄養補給を行うサプリ

一部の栄養素が過剰摂取になるおそれがあります。

どんな栄養素が含まれているかは書かれていても、配合量などが表示されていないサプリが多いため、どれだけ飲めば過剰摂取になるのかが分かりにくい場合が多いです。
1日の必要量の大半を補えるようなミネラルやビタミンなどのサプリと併用する場合は特に注意してください。

水以外の清涼飲料水

サプリは水と一緒に飲む人が多いと思いますが、食後に熱湯やお茶、コーヒーなどと一緒に飲む人も少なくありません。

高温の液体といっしょに飲むと、カプセルの溶け方にもよりますが、酵素が熱にやられてしまう場合があります。
コーヒーや茶に含まれるカフェインで代謝酵素を無駄に消費されるため、おすすめしません。

アルコール類も同様で、代謝酵素を無駄に消費してしまいます。

もっとすっきり生酵素に限らず、酵素サプリは冷水や常温水などで飲むほうが良いです。